なつめチップを使ったレシピ

なつめチップはそのまま食べても美味しいけれど、簡単にいろんな取入れ方が楽しめるのもなつめチップの良いところです。

なつめ レシピ 『 さつまいも と ココナッツ の 潤い スープ 』

なつめ レシピ 『 さつまいも と ココナッツ の 潤い スープ 』

なつめなつめチップなつめのレシピなつめの食べ方便秘消化不良潤い美肌薬膳

お通じ すっきりに。ほっこり 優しい スープです。

さつまいもの美味しい季節ですね。さつまいもは、胃腸の働きを高め気を補います。また、腸を潤して秋の乾燥が引き起こす便秘の解消に役立ちます。
ココナッツミルクとの相性もよく、ほんの少しの塩味がアクセントになり食欲を前に進めます。ドライフルーツの酸味やナッツの食感が楽しい秋のおやつです。

<食材の薬膳効能>

・さつまいも: 性味/甘.平 帰経/脾腎

 効能/健脾.補気(脾虚によるむくみ.便秘/高血圧予防)

 ※さつまいもを切ったときに見られる白い液体、ヤラピンは、腸の動きを活発にし、食物繊維との相乗効果で便秘解消の働きあり

・牛乳:性味/甘.平 帰経/心肺 

 効能/補虚損.益胃.生津.潤腸(便秘/美肌.安眠.体力回復.骨粗鬆症予防) 

 ※良質の動物性たんぱく質、各種ビタミン、ミネラル含む

・豆乳:性味/甘.平 帰経/肺脾大腸

 効能/補虚損.化痰.通淋.鎮咳.通乳.生津(気管支が弱い.津液不足.口渇.肺熱.貧血.低血圧)

・ココナッツミルク(ココナッツ参照)性味/甘.温 帰経/心脾

 効能/解暑.止渇.強心.補気.健脾.利湿.生津.強筋骨(口渇.胃腸炎.不整脈/整腸.美肌)

 ※ココナッツミルクは未熟胚芽(低カロリー)

材料と作り方

約2人分

●さつまいも 約200g
●牛乳または豆乳 100g
●ココナッツミルク 100g
塩 ひとつまみ
なつめチップ 小さじ1
お好みでかぼちゃの種、クコの実、ドライフルーツ、ナッツ類など適量

1.さつまいもを乱切りにする。鍋にさつまいもを入れ、いもが浸る量の水を入れたら火にかける。クシが通る柔らかさになったらザルにあげ水を切り皮を剥く。
2.●をジューサーかブレンダーで撹拌したら、鍋に移し沸騰するまで火にかける。塩を加えて味を調整したら完成。器に盛り付け、なつめチップとお好みのナッツやドライフルーツを散らしてお召し上がり下さい。

 

☆レシピ・文章・撮影協力
薬膳コーディネーター 柳瀬 文恵

食材選びからテーブルコーディネートまでこだわりが詰まったお菓子教室を主宰しています。
ランチタイムには、身体に優しいおかずレシピも提供していますので、
バランスの取れた食生活を取り入れ、
心と身体ともに健康的な暮らしを目指しましょう。

Instagram→yana_cafe

なつめいろInstagram→natsumeiro

このページのトップへ