なつめの秘密

~女性の美しさは「なつめで叶う」~

棗(なつめ/ナツメ)は、女性が美しくなりたいと思う気持ちを叶える果実です。その棗(なつめ/ナツメ)を食べやすくした商品がなつめチップです。

棗(なつめ/ナツメ)ってどんな植物?

中国からアジア西部に多いクロウメモドキ科で、落葉樹の低木。そして棗は「果実」です。
よく間違えられる「なつめやし=デーツ」は南国に多いヤシ科の常緑樹で、全く別物です。
常用漢字では「棗」と書きますが、その由来は「棘」という漢字から。棗は果実の両端に2本の棘を生やし、自ら害虫や鳥から種を守る植物なのです。
また、茶道具の「棗」も同じ漢字を使いますが、これは形状が似ていることから。茶道が発達し始めた昔は、今より棗が身近な存在だったのかもしれません。
初夏に芽吹き、花を咲かせることから「夏芽(なつめ)」という説もあります。

棗(なつめ/ナツメ)の実/棗(なつめ/ナツメ)の花/棗(なつめ/ナツメ)の棘(トゲ)2本

棗(なつめ/ナツメ)はいつから、どこで食べられていたの?

日本では奈良時代に渡来したと言われ、「万葉集」に登場。
平安時代の薬学書「本草和名(ほんぞうわみょう)」にも記述があり、古くは薬として用いられていた歴史もあります。昔は家の庭に植樹されており、生で食べるのが当たり前でした。棗の木は、現在でも稀に庭木として植栽されていますが、多くが伐採され少なくなってしまいました。

一方、中国では世界三大美女で知られる楊貴妃が好んで食べ、後に「一日食三棗 終生不顕老」(一日3粒の棗を食べることで、老いを防ぐ)という言葉も残っています。なつめは「桃・栗3年、杏は4年、梨は5年、棗は1年で毎年実り金になる」と言われ、縁起の良い食べ物とされています。

また、韓国では参鶏湯などの料理や伝統茶に入れたり、縁起の良い果実として婚礼の儀式に登場したりと、今でも盛んに食されてます。子宝に恵まれ福をもたらす果実だと言われていることから、結婚式にはなつめのタワーが飾られます。

棗(なつめ/ナツメ)は、縁起の良い果実として婚礼の儀式やお祝い事で使用されます。また、1日3粒の棗(なつめ/ナツメ)を食べると老いないと言われています。一日食三棗 終生不顕老

棗(なつめ/ナツメ)ってどんな栄養があるの?

棗(なつめ/ナツメ)は栄養価が高く、鉄分、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラル、葉酸やナイアシンなどのビタミンB群、食物繊維などが豊富。
その栄養成分は、胃腸が弱い、冷えを感じる、精神不安や貧血、妊娠や更年期など、女性特有の悩みに期待されると伝わっています。

鉄分の含有量は、プルーンの約1.5倍以上!女性の元気の源「鉄分」

鉄分と言えば“貧血”という言葉がすぐに思い浮かぶほど、“貧血”の方が多いのが現実。
尿や汗からも排出される鉄分、更に女性は月経によって長期にわたり出血がありますので、女性の不調は”鉄分“が多いに関係しています。
メカニズムとしては、体内の鉄分が不足するとヘモグロビンを順調につくることができず、酸素の運搬や、老廃物である二酸化炭素の回収が滞ってしまい不調に繋がるようです。
日頃から不眠、疲れ、だるさ、肩こり、動悸、息切れ、めまい、頭痛、を感じる方は“貧血”かもしれません。

参照:貧血の予防には、食生活の見直し|厚生労働省e-ヘルスネット

新陳代謝のビタミン「葉酸」

細胞の分裂や成長に欠かせない働きを担っている「葉酸」。ここ数年で妊婦さんには欠かせない栄養素で認知されています。また、“造血のビタミン”ともいわれる程、血を作る役割もある為、貧血にも関係します。

参照:造血のビタミンとも呼ばれ、胎児の正常な発育に寄与する栄養素「葉酸」|わかさの秘密

急ピッチで身体の代謝を担っている「亜鉛」

細胞の生まれ変わりが盛んな部位で必要不可欠なミネラルです。敏感な味覚、身体の要の“胃腸”を守ります。また、生殖機能とも関連が深く、“女性ホルモンの分泌を活性化する“という女性には嬉しい栄養素です。

参照:亜鉛は、300種以上の酵素と関わっている|オーソモレキュラー栄養医学研究所

代謝UP!体内エネルギーに変換するには「ナイアシン」

糖質・たんぱく質・脂質の代謝に関わり、体内で必要なエネルギーの半分以上はビタミンB群の1種である「ナイアシン」が関わって生産されています。このエネルギーのお陰で細胞や内臓が活動したり、体温を保ったり、体を動かすことができます。
代謝が悪くて体重が増える方に注目して欲しい栄養素です。
以前、韓国でお酒を飲む席で「なつめ茶=テチュチャ」を出されました。不思議に思っていると二日酔い防止だと教えられ、後にナイアシンの事を知り、感心したものです。ナイアシンは二日酔いの元となる「アセドアルデヒド」を分解してくれる役割も担うのです。

参照:お酒を分解するナイアシン|オーソモレキュラー栄養医学研究所

ストレスに討ち向かう「パントテン酸」

パントテン酸は「抗ストレスビタミン」と言われ、このご時勢にはちょっと嬉しい栄養素ですね。更に嬉しいことに、糖質・たんぱく質・脂質の代謝を助け、活動に必要なエネルギーを生産してくれます。

参照:糖質、脂質、たんぱく質を燃焼させる酵素を助けるパントテン酸|グリコ栄養成分百科

イライラをやわらげる「カルシウム」

骨や歯をつくるのに知られているミネラルです。またイライラすると「カルシウム不足?」といわれるぐらい、イライラの原因として認知されているようです。緊張・興奮を静めてイライラや過敏症などのストレスをやわらげる効果も持ちます。

参照:カルシウムで骨の健康を守る|LOTTE Medi Palette

水分調整担当の「カリウム」

水分のバランスを調整する働きがあるので、女性に多い「むくみ」の予防に役立つミネラルです。
またナトリウムと相互に作用して筋肉の動きを正常に保つ働きがあります。
なつめはカリウムの含有量も多いので、足がつりやすい山登りのおやつとして、過去に雑誌に紹介されたことがあります。

参照:余分な塩分を体外へ排出させるカリウム|厚生労働省e-ヘルスネット

毎日スッキリ「食物繊維」

多くの女性の悩み「便秘」。その便秘に効果があると言えば、「食物繊維」が挙げられるのではないでしょうか。食物繊維は、腸内に溜まった不要な老廃物を体外へ排出する働きと、更に善玉菌を増やす作用もあるため、腸内の環境を整える効果があります。

参照:食物繊維の必要性|厚生労働省e-ヘルスネット

温活として重要な「たんぱく質」

三大栄養素のひとつ「たんぱく質」。人間の身体は、頭の先からつま先まで全てタンパク質でできています。
今や“プロテイン”という呼称の方が話題になっており、様々な商品が発売されています。
その商品の目的はダイエット、筋トレでクローズアップされていますが、ある程度の筋肉量を維持する事で女性の大敵「冷え」の予防にも繋がります。他には免疫力を高める、貧血を予防する、丈夫な骨をつくるなどの嬉しい効果もあります。

参照:正しいダイエットとタンパク質~赤ちゃんの肌がみずみずしい理由~|オーソモレキュラー栄養医学研究所

女性の大敵「老い」を撃墜「ポリフェノール」

完熟したなつめの皮が赤いのはご存知だと思いますが、赤や紫の食物といえば「ポリフェノール」。強い抗酸化作用がある色素成分です。人の体内で生成される「活性酸素」を取り除いてくれます。活性酸素が体内に溜まると免疫機能の低下や老化が早まります。

参照:ポリフェノールが活性酸素を取り除く|LOTTE Medi Palette

棗(なつめ/ナツメ)には、たんぱく質、カリウム、葉酸、亜鉛、マグネシウム、カルシウム、鉄分、ナイアシン、ントテン酸、食物繊維、ポリフェノールと多くの女性が必要としている成分が含まれており、美容効果の高いフルーツです。

気になる棗(なつめ/ナツメ)の美容効果

さて、気になる美容効果ですが、最近は基礎化粧品としても使われ始めた「なつめ」
こちらではインナービュティーケアに役立つ栄養をまとめました。

この肌、なつめ肌と言わせたい「なつめの美成分」

綺麗なお肌を作る為にもターンオーバーの周期も大切です。そこで活躍するのが新陳代謝UPの得意な「葉酸」「亜鉛」と、そして血管・血液からアプローチして肌の機能を正常に整える「ナイアシン」です。

エイジングケアにも一役「いつまでも東洋美人」

「パントテン酸」は肌や髪の毛をつくるたんぱく質の合成(肌の奥の真皮層の70%はたんぱく質の一種コラーゲン)に不可欠な成分“ビタミンC“の働きをサポートしています。“コラーゲン”といえば肌のハリ、そして髪のコシ作りに必須。おまけに白髪や抜け毛にも影響あるそうです。
「ポリフェノール」は人の体内で生成される“活性酸素”を取り除いてくれるので、老いを加速させません。これが「一日食三棗 終生不顕老」なのでしょうか。

【美しい】とは、
心に響く内面的な好ましさに使われるようですが、まさに女性の内面から溢れる「美しさ」は、いずれその女性(ひと)を「美しい人」と 変えてくれるのではないかと考えます。精神的に安定することや自分に対して自信を持つことが外見にも表れ、あるいは外見の変化によって、自信を持てるように“美のサイクル”を回したいですね。

女性にうれしい棗(なつめ/ナツメ)の栄養成分

健康のために
カリウム むくみ解消
鉄分&葉酸 貧血防止
食物繊維 便秘解消
亜鉛・マグネシウム・ビタミンP ホルモンバランス調整(PMS改善)
ナイアシン 二日酔い
葉酸 健胃
亜鉛・パントテン酸・マグネシウム・カルシウム リラックス効果
美容にも!
タンパク質 美肌・ツヤ髪
カリウム・食物繊維 デトックス効果
鉄分・亜鉛・葉酸 血流&新陳代謝アップ
亜鉛・パントテン酸・マグネシウム・カルシウム リラックス効果

資料

棗とその他の食材との成分比較表&成人女性の摂取推奨値
  なつめ
チップ
なつめ
(乾燥)
デーツ
(乾燥)
プルーン
(乾燥)
バナナ
(生)
ほうれん草
(生)
成人女性
30~49歳
推奨量
効能
タンパク質 8.2g 3.9g 2.2g 2.5g 1.1g 2.6g 50g 皮膚・毛髪
を作る
カリウム 1000mg 810mg 550mg 480mg 360mg 490mg 2600mg以上 むくみ解消
葉酸 23μg 140μg 19μg 26μg 26μg 110μg 240μg 貧血
肌の新陳代謝
亜鉛 1.3mg 0.8mg 0.4mg 0.5mg 0.2mg 0.7mg 8mg 肌の新陳代謝
精神安定
マグネシウム 52mg 39mg 60mg 40mg 32mg 40mg 290mg 精神安定
カルシウム 73mg 65mg 71mg 39mg 6mg 69mg 650mg 精神安定
鉄分 1.8mg 1.5mg 0.8mg 1.0mg 0.3mg 0.9mg 10.5mg
(月経あり)
貧血
肌の新陳代謝
ナイアシン 1.7mg 1.6mg 1.8mg 2.2mg 0.7mg 0.3mg 12mg 二日酔い
脂質の代謝
バントテン酸 1.47mg 0.86mg 0.94mg 0.32mg 0.44mg 0.13mg 4mg 抗ストレス作用
エネルギー代謝
食物繊維 15.3g 12.5g 7.0g 7.2g 1.1g 3.6g 18g以上 便秘解消

ポリフェノール:100gあたり1.1g 効能:抗酸化作用

※100gあたりの成分量 なつめチップ以外は五訂日本食品成分表より

東洋医学の視点からの「なつめの力」

生薬としての棗(なつめ/ナツメ)の役割

中国の伝統医学として発達した東洋医学において、なつめは、「大棗(たいそう/タイソウ)」という生薬名で用いられています。
身体を温める「温性」の性質を持ち、漢方薬では「葛根湯」「補中益気湯」「帰脾湯」「桂枝湯」など、多くの漢方薬に処方されています。

大棗(たいそう/タイソウ)の効能

  • 補中益気(胃腸の消化・吸収機能を整えて「気」を生み出し、抵抗力を高める)
  • 養血安神(血を補い、精神を安定させる)
  • 緩和薬性(他の生薬の薬理作用を緩和する)

※胃腸虚弱、精神不安、不眠に適応します。

人間の体は、「気・血・水」によって成り立っていると考えられています。どれか一つが欠けてしまうと体調のバランスが崩れ、病気を引き起こしてしまいます。棗(なつめ/ナツメ)は、この3つのうち「気」「血」を補う働きをします。
人の生命活動に必要な3つの要素「気・血(けつ)・水(すい)」

棗(なつめ/ナツメ)は、「気」「血」を補い、精神を安定させます。

「気」「血」「水」は人体の生命活動で重要な物質です。この3つの物質が満たされ、そして巡っていれば不調はなく、この3つのバランスが崩れることが不調の原因とされています。

「気」の役割

身体を温める・免疫力をつける・血と水をコントロールする・血と水を作る・漏れ(血や尿など)を防ぐ=ひきしめ効果・内臓の位置を保つ

「血」の役割

全身に栄養と潤いを与える・精神的に安定させる(睡眠にも繋がる)

参照:「気」「血」の関係と中医学|漢・方・優・美 クラシエ薬品

よって、胃腸機能の改善・冷えの改善・貧血の改善(体調不良だけでなく肌の潤いや髪の艶にも関係します)・免疫力アップ・精神不安・不眠改善に期待されている生薬です。

五行表
五行表

棗(なつめ/ナツメ)は、お腹の働きをサポートします

五臓の脾(ひ)の働きを助ける「脾の果」という別名があるほど脾(お腹)にとってもよい生薬です。脾は様々な役割を持ちますが、その一つに飲食物の消化吸収を行い、気・血・水へと変化させ全身に送り出す、身体を作る重要な仕事を担っています。

なつめチップ

棗(なつめ/ナツメ)を食べてみませんか?

生で食べるなつめは姫りんごのような味と食感です。
中国では生なつめを初め、乾燥後の熟成したなつめが食べられ、煮込み料理の下味やデザートスープに用いられ、韓国では伝統茶として長時間煮出した“なつめのお茶”「テチュチャ」、なつめと高麗人参や鳥のお腹にもち米を詰めて一緒に煮る「サムゲタン」、もち米や生姜などと一緒に炊飯する「ヤッパ=薬飯」などに使われています。近年では台湾ブームもあり、ドライなつめにクルミを挟んだものが人気です。

なつめいろの〔なつめチップ〕は、種を除きスライスしたものを凍結(フリーズドライ製法)して乾燥させています。
そのため栄養価は失われないだけでなく、自然の甘さや風味が残り、食感はサクサク。手軽に食べられるヘルシースナックの「なつめチップ」です。

女医さんや栄養士さんからもおすすめ「ヘルシースナッキング」なつめチップ

女性の健康と美容にとって、魅力的な成分がたっぷり含まれて、お菓子代わりにつまめる「なつめチップ」。毎日の生活に取り入れてはいかがでしょうか。最近人気のヘルシースナッキングにもピッタリです。間食代わりに、なつめチップをこまめに取り入れて、カラダの調子を整えていきませんか。また成長ざかりのお子様にもおすすめです。

ヘルシースナッキングとは
こまめに食べることで極端な空腹を作らず、食べ過ぎを防止する間食習慣のことです。
1日あたり200kcalまでが理想とのこと。

参照:医師も薦めるヘルシースナッキング、女性のスーパーサポートフード 韓国の「なつめ」って?|PR TIMES
参照:管理栄養士・櫻井麻衣子さんが「なつめ」のパワーを解説!女性に嬉しい「悩み別レシピ」も初公開!|PR TIMES

なつめチップ
1袋たったの46 kcal

お悩み別、薬膳レシピをご紹介します

フリーズドライというメリットを生かし、お茶や料理にも幅広く使えます。

  • ヨーグルトやアイスクリームにトッピング
  • サラダにトッピング
  • 煮込み料理
  • 菓子

など

  • なつめチップを使ったレシピ
  • なつめチップを使ったレシピ
  • なつめチップを使ったレシピ
  • なつめチップを使ったレシピ
  • なつめチップを使ったレシピ
  • なつめチップを使ったレシピ
  • なつめチップを使ったレシピ
  • なつめチップを使ったレシピ

こちらのページには季節の薬膳レシピを毎月アップしています。
季節特有の不調や、症状別のレシピを是非、見つけてくださいね。

なつめチップの商品ラインナップ

貴重な国産のなつめ茶やギフト商品も掲載中
各商品のお求めは、なつめいろ公式オンラインストアへ

このページのトップへ