なつめチップを使ったレシピ

なつめチップはそのまま食べても美味しいけれど、簡単にいろんな取入れ方が楽しめるのもなつめチップの良いところです。

なつめ レシピ 「菜の花と長芋の塩こんぶ和え」

なつめ レシピ 「菜の花と長芋の塩こんぶ和え」

なつめなつめチップなつめのレシピなつめの食べ方なつめ薬膳レシピビィーガンレシピ冷え性春の養生レシピ時短簡単おつまみ

菜の花と長芋の塩こんぶ和え

菜の花には炎症を抑える作用があり、おできやニキビなどの皮膚の腫れを改善します。
温性ですので、肌寒い季節にぴったりの食材です。
また、体内の巡りを活発にする作用もある為、血行がよくなり、手足の冷えを改善に導きます。
長芋の粘りがつなぎになり、塩こんぶだけで味付けいらずの時短レシピです。忙しい時の一品におすすめです。

材料と作り方(約2人分)

菜の花 5、6本
長芋 約5cm
塩こんぶ 大さじ1
なつめチップ 小さじ1

1.沸騰したお湯で菜の花を1分茹でたら、冷水で冷ます。水気をしぼったら食べやすい大きさにカットする。
2.長芋の皮を剥いたら、短冊切りにする。
3.ボウルに菜の花と長芋を入れたら、塩こんぶと、なつめチップを手で砕きながら加えてよく混ぜ合わせたら完成。

☆レシピ・文章・撮影協力
薬膳コーディネーター 柳瀬 文恵

食材選びからテーブルコーディネートまでこだわりが詰まったお菓子教室を主宰しています。

ランチタイムには、身体に優しいおかずレシピも提供していますので、バランスの取れた食生活を取り入れ、心と身体ともに健康的な暮らしを目指しましょう。

Instagram→yana_cafe

今回使用した商品はこちら

このページのトップへ