なつめチップを使ったレシピ

なつめチップはそのまま食べても美味しいけれど、簡単にいろんな取入れ方が楽しめるのもなつめチップの良いところです。

なつめ レシピ「ゴーヤと梅干しの和えもの」

なつめ レシピ「ゴーヤと梅干しの和えもの」

イライラなつめなつめチップなつめのレシピなつめ薬膳レシピ

ゴーヤと梅干しの和えもの

ゴーヤは夏の暑さをやわらげてくれるため、夏バテ予防に適しています。特に肝にこもった熱を取り除く作用が強いので、イライラやのぼせ、目の充血のある人は積極的に食べると良いでしょう。冷えやすい体質の方は食べ過ぎに注意です。
梅と合わせることで汗のかき過ぎによる疲労の防止や、胃腸の働きの強化にも役立ちます。
ツナ缶と合えるだけの簡単レシピですので、是非お試し下さい。

材料と作り方(約2~3人分)

ゴーヤ 1本
梅干し 1個
ツナ缶 1缶(70g)
なつめチップ  大さじ1
塩 少々

1.水洗いしたゴーヤはヘタを切り、縦半分にカットしたら、スプーンで種とワタを取る。
2.ゴーヤを約2mmの厚さにカットしたら熱湯で約1分程湯がく。さっと水にさらしたら、水気を切る。
3.梅干しは種を取り、手で粗めにちぎる。なつめチップは手で小さく砕いておく。
4.ボウルに全ての材料をよく合えたら完成。ツナ缶は油も全て入れて下さい。

 

☆レシピ・文章・撮影協力

 

薬膳コーディネーター 柳瀬 文恵

食材選びからテーブルコーディネートまでこだわりが詰まったお菓子教室を主宰しています。

ランチタイムには、身体に優しいおかずレシピも提供していますので、バランスの取れた食生活を取り入れ、心と身体ともに健康的な暮らしを目指しましょう。

Instagram→yana_cafe

今回使用した商品はこちら

このページのトップへ