なつめチップを使ったレシピ

なつめチップはそのまま食べても美味しいけれど、簡単にいろんな取入れ方が楽しめるのもなつめチップの良いところです。

なつめ レシピ「いたわり御節 2」

なつめ レシピ「いたわり御節 2」

なつめのレシピ冷え性薬膳

人を温めてくれる鮭

鮭のイメージって北海道や寒い国ですよね

寒い土地の人が食べてる食材は温めてくれもものが多いのです

北海道の代表的なメニューから考えると、羊の肉や味噌もそうです

 

<材料> 6人前 直径15cm鍋

オレンジ白菜1/8
葉付きかぶら小2個
鮭切身4枚
だし汁200ml
塩小さじ1と1/2
なつめしょうゆ 小さじ1
⇒塩と醤油は白菜の水分により調整してください

手順
1.白菜は横半分に切る。
 かぶらは実の部分は半月切りにし、葉は四当分の長さに切る。
2.鍋に塩の半量をふり、白菜の半量を敷き、その上にかぶらの実の半量、葉の部分の半量を敷く。
 鮭も敷き詰め、上から残りのかぶらの葉の部分、実の部分を重ね、最後に残りの白菜で蓋をする。
3.上からゆっくりとだし汁としょうゆを入れて、残りの塩を振りかける。
4.蓋をして弱火で20分煮る。その後、火を止めて蓋をしたまま30分置いておく。全体のかさが減り、
 上まで味が染みていなければ、蓋をしてさらに15分ほどおいて、味が馴染めば完成。
5.鍋のまま切り分けて完成。


少し前から流行っている重ね煮。お正月らしさと胃腸への優しさも重ねられる食材を選びました。
どの野菜も消化に良く、味付けも素材を生かしてあまり手を加えていないので、負担なく食べていただけます。
白菜は、オレンジ色の白菜を使っています。今はカラフルな野菜がたくさんで、重ね煮の幅も広がりますね

なつめいろの棗で作ったナツメチップ(ナツメチップス)は鉄分・葉酸がたっぷり、美肌に効く。そして妊娠(妊活)から更年期障害まで効果的。 なつめいろのなつめティーとオリエンタルハーブとウエスタンハーブは抗酸化作用のハーブをブレンドし、美肌にアンチエンジングに効果がある。

 

このページのトップへ