なつめチップを使ったレシピ

なつめチップはそのまま食べても美味しいけれど、簡単にいろんな取入れ方が楽しめるのもなつめチップの良いところです。

なつめレシピ 「菜の花と筍のサンラータン」

なつめレシピ 「菜の花と筍のサンラータン」

なつめいろなつめのレシピなつめの食べ方乾燥なつめ美肌薬膳

菜の花と筍のサンラータン

「肝」の働きを助ける菜の花と、「酸味」の黒酢を使った温かいサンラータンのご紹介です。
菜の花は、炎症を抑える作用があり、おできやニキビなどの皮膚の腫れを改善します。また、体内に滞った血の流れを促す作用があり、生理痛がひどい人、産後の肥立ちが悪い人に効果的です。
菜の花は温性の食材ですので、まだ肌寒い春にぴったりの食材です。薬膳の考えでは、「肝」は気や血の流れなどをコントロールしていると考えられています。春はストレスにより自律神経のバランスが崩れやすい時期。気分が落ち込みやすい日は、香りのあるものを積極的に取ったり、体を動かしたりして気を巡らせることが大切です。気を巡らせることで「肝」の働きも高まります。

材料(2~3人分)

●ゆでた筍 50g程
●菜の花 5本
●春雨 30g
 水600ml
 鶏ガラスープの素 大さじ1
△なつめ醤油 大さじ2
△酒 大さじ1
△塩 ひとつまみ
△黒こしょう 少々
△黒酢 大さじ2
★片栗粉 大さじ1
★水 大さじ1
 卵 1個
 ラー油 適量

なつめ醤油のレシピはこちら⇒https://natsumeiro.jp/c/recipe/chips/240/

作り方

1.筍を細切りにし、菜の花は食べやすい大きさにカットする。
2.鍋に水を入れ、沸騰したら鶏ガラスープの素を加える。
3.●を2に加えて春雨が柔らかくなるまで混ぜる。
4.△を全て加えて、味を調整する。
5.★の片栗粉を水で溶かし、4に加えてとろみがついたら完成。

菜の花と筍のサンラータン

☆レシピ・文章・撮影協力

薬膳コーディネーター 柳瀬 文恵

食材選びからテーブルコーディネートまでこだわりが詰まったお菓子教室を主宰しています。

ランチタイムには、身体に優しいおかずレシピも提供していますので、バランスの取れた食生活を取り入れ、心と身体ともに健康的な暮らしを目指しましょう。

Instagram→yana_cafe

今回使用した商品はこちら

このページのトップへ