なつめチップを使ったレシピ

なつめチップはそのまま食べても美味しいけれど、簡単にいろんな取入れ方が楽しめるのもなつめチップの良いところです。

なつめ レシピ「なつめとトウモロコシごはんの焼きおにぎり」

なつめ レシピ「なつめとトウモロコシごはんの焼きおにぎり」

なつめチップなつめのレシピむくみ薬膳

なつめとトウモロコシごはんの焼きおにぎり

 蒸し暑い日は水分の取り過ぎで、身体に湿気がたまり体調を崩す事が多いです。

 身体に湿気が溜まると、身体が重い、むくみ、腹が張る、食欲が落ちる、柔らかい便が続くなどの症状が出ますが、とうもろこしには利水作用がある為、これらの症状に有効的です。

 また、玄米や胚芽米のように、胚芽の部分にビタミンE、B1、B2、カリウム、亜鉛、鉄などの栄養素がたっぷり詰まったとうもろこし。今からの季節、蒸しても焼いても美味しくいただけますが、なつめと一緒に炊くとほんのり甘いごはんになります。
 さらに醤油を塗り表面を焼けば、食欲のない蒸し暑い日でも、香ばしいかおりにつられて、つい何個でも食べてしまいそうなキケンなおにぎりです。


<材料>約4人分

お米 2合
なつめチップ 大さじ1
とうもろこし 1本
水 400ml
塩 少々

<手順>
1.お鍋にお米と水を入れ、30分以上浸水する。
2.とうもろこしの実を芯から削ぎ落とし、芯と一緒に1.に加える。
3.なつめチップと塩少々振り入れる。
4.中火で火にかけ、沸騰したら弱火にして10分。火を止めて15分蒸らす。
5.おにぎりにして、表面にハケで醤油を塗り、バーナーで炙るか、600wのトースターで約10分温め、表面に焼き目をつける。

なつめいろの玄米となつめのグラノーラはとても美味しい。ミネラル・ビタミンB群・たんぱく質・食物繊維がたっぷり、貧血や更年期・PMSに良い。  なつめいろの棗で作ったナツメチップ(ナツメチップス)は鉄分・葉酸がたっぷり、美肌に効く。そして妊娠(妊活)から更年期障害まで効果的。  なつめいろのなつめティーとオリエンタルハーブとウエスタンハーブは抗酸化作用のハーブをブレンドし、美肌にアンチエンジングに効果がある。

薬膳コーディネーター 柳瀬 文恵

 食材選びからテーブルコーディネートまでこだわりが詰まったお菓子教室を主宰しています。

 ランチタイムには、身体に優しいおかずレシピも提供していますので、バランスの取れた食生活を取り入れ、心と身体ともに健康的な暮らしを目指しましょう。

Instagram→yana_cafe

このページのトップへ