なつめチップを使ったレシピ

なつめチップはそのまま食べても美味しいけれど、簡単にいろんな取入れ方が楽しめるのもなつめチップの良いところです。

冬の定番にも「なつめチップ」を

冬の定番にも「なつめチップ」を

なつめチップなつめのレシピなつめの実冷え性温活美肌薬膳

冬の定番

寒さも増して、体調を崩しやすい時期。身体を温めてくれる食材をたくさん使ったお鍋で温まりましょう。

今回は生姜鍋。紹興酒の料理酒を入れると、香りも旨みも深みが出ます。
豚肉や鮭はタンパク質豊富で、身体を温めてくれます。
冬は、生命力の源である腎のケアがとても大切。
また、今回のお野菜はどれも胃腸を整えてくれるそうです
大切な気の巡りもよくしてくれる食材も入れてあるので
しっかり内側から温めて、冬を乗り切りましょう!


<材料> 2-3人分
白菜 1/8個
菊菜 1袋
里芋 4個
かぶら 2個
豚肉  150g
鮭 2切れ
生姜薄切り 5枚
なつめチップ  大さじ1
紹興酒の料理酒
醤油 大さじ2
塩小さじ 1/2〜1
昆布 1カット
水 600-800ml

<手順>
1.野菜はそれぞれ、好みの大きさにカット。鮭は半分にカット。
2.水を鍋に昆布と一緒に入れ、沸騰直前で昆布を取り出す。
3.酒、醤油、塩、生姜を入れる。
4.具材を入れて煮る。

なつめいろの棗(なつめ、ナツメ)なつめチップ(なつめチップス)はとても優秀、プロリン・ポリフェノールたっぷりでアンチエイジングに良い
このページのトップへ