なつめチップを使ったレシピ

なつめチップはそのまま食べても美味しいけれど、簡単にいろんな取入れ方が楽しめるのもなつめチップの良いところです。

なつめ レシピ「秋鮭の南蛮漬け」

なつめ レシピ「秋鮭の南蛮漬け」

おしゃれ料理なつめしょうゆ健康南蛮漬け秋料理

秋鮭の南蛮漬け

 
鮭には内臓を温め、脾と胃の働きを回復する作用があります。
お腹の冷えが引き起こす便秘、腹痛、消化不良、食欲不振に効果的です。
また、気と血を補うので疲れやすい、すぐ風邪をひく、集中力が続かない、ドライアイ、肩こりといった症状に働きかけます。
気と血の滞りを改善する働きもあるので、お腹の張り、胸苦しさ、肩こり頭痛などの症状がある人は継続して食べると良いでしょう。
揚げ物もさっぱりと食べる事が出来る南蛮漬けなら、食欲のない時もお箸が進みます。
彩も良いのでお弁当にもおすすめですよ。

材料(3~4人分)

・秋鮭 3切れ
・料理酒 少々
・塩こしょう 少々
・薄力粉 少々
・油 適量(炒める用と揚げ焼き用)
◎玉ねぎ 1/4個
◎人参 1/3本
◎パプリカ 1/2個

★南蛮酢
・水 100c
・酢 80cc
・なつめ醤油 大さじ1
・砂糖 大さじ2
・みりん 大さじ2
・唐辛子 1本(輪切り)
・顆粒だし 小さじ1/2

なつめ醤油のレシピはこちらをご確認ください

なつめ レシピ「なつめ万能調味料」

作り方

①鮭を三等分にし、料理酒に浸けておく。
②なべに★の材料を全て入れ、強火にかけて煮立ったら火を止める。平らな耐熱容器に移し冷ます。
③◎の野菜を千切りにし油でいためる。
④②の南蛮酢の中に炒めた野菜をいれる。
⑤①の鮭に塩こしょうで下味をつけ、薄力粉を薄くまぶす。
⑥フライパンに油を多めに熱し、鮭を揚げ焼きにする。
⑦鮭が熱いうちに南蛮酢に漬け込み完成。

半日以上漬け込むと味が浸みますよ。

☆レシピ・文章・撮影協力

薬膳コーディネーター 柳瀬 文恵

食材選びからテーブルコーディネートまでこだわりが詰まったお菓子教室を主宰しています。

ランチタイムには、身体に優しいおかずレシピも提供していますので、バランスの取れた食生活を取り入れ、心と身体ともに健康的な暮らしを目指しましょう。

Instagram→yana_cafe

今回使用した商品はこちら

このページのトップへ