■助産師さんおススメのなつめチップ

 

フリー助産師の浅井貴子先生が推奨する「なつめ」。
なぜ「なつめ」なのでしょうか?その理由を教えていただきました。
 
答えは?
妊娠 初期・中後期・出産後とその時期の赤ちゃんの成長と、
妊婦さんの身体の変化の悩みにぴったりな栄養素(特に葉酸・鉄分・カリウム)がバランス良く含まれているからです。
 
妊娠初期に必要な栄養素は 葉酸
この時期は赤ちゃんの脳脊髄の形成にとても大切な時期、
その細胞分裂に必要な栄養素である葉酸を積極的に摂取しなければならないのです。
しかし、この時期の悩みは「悪阻」。
そのせいで体重が何キロも落ちてしまう妊婦さんがいらっしゃるとか。
 
妊娠中・後期に必要な栄養素は鉄分カリウム
この時期は赤ちゃんのどんどん大きくなってきてもうお腹が重たいです。

32週を超えると赤ちゃんの血液量は3割〜4割増だそうです。
そしてその血液はお母さんが届けてあげないといけません。
よってこの時期は赤ちゃんもお母さんも「貧血」になりやすいのです。血といえば鉄分ですね。

またお腹が重くなってきたおかげで、リンパ障害が起こり「浮腫」も始まります
この対策には余分な水分・塩分を排出するカリウムが適役です。
 
出産後に必要な栄養素は鉄分カリウム
出産時の出血により「貧血」に、
また同時に出産時に赤ちゃんが産道を通る時におこるリンパ障害によって産後の「浮腫」に。
まだまだお母さんは大変です。

また出血量が多いとメンタルも低下しやすく、産後鬱にも陥ったりします
メンタル面で役立つ栄養素は亜鉛・マグネシウム・カルシウム・パントテン酸です。
 
では、なつめにはどの程度の栄養素が含まれているのか?

また、妊娠中に必要な鉄分・葉酸の使用量は?





最後に妊娠中に必要な鉄分・葉酸の必要量は?

■鉄分  普段の食事で摂取できている平均量 6.5mg /日
妊娠初期の推奨量 7.5mg /日(不足量 1 .0mg)
妊娠中期の推奨量 18.0mg /日(不足量11.5mg)
妊娠後期の推奨量  18.0mg /日(不足量11.5mg)
上限摂取量 40mg /日(不足量11.5mg)

■ 葉酸 普段の食事で摂取できている平均量 240μg /日
妊娠初期の推奨量 640μg /日(不足量400μg)
妊娠中期の推奨量 440μg /日(不足量200μg)
妊娠後期の推奨量 440μg /日(不足量200μg)
上限摂取量 1000μg /日        

参照:厚生労働省「平成25 年国民健康・栄養調査」「日本人の食事摂取基準(2015 年版)」

出来る限り鉄分や葉酸の多い食材選びとともになつめチップを間食使いにしてみてはいかがですか?

このページのトップへ